ネリゾナ、ネリプロクト供給の再開への動き

ネリゾナ ネリプロクトのパンフレット

ネリゾナ、ネリプロクト供給の再開への動き

2019 年11 月現在、ネリゾナクリーム、ネリゾナ軟膏、ネリゾナユニバーサルクリーム、ネリゾナソリューション、ネリプロクト軟膏、ネリプロクト坐剤が出荷調整になっています。

そして、2019 年11 月中旬、レオ ファーマ、LTL ファーマは供給の再開への見通しを発表しました。

出荷再開は?

規格  出荷状況 
ネリゾナクリーム 0.1%   5g×10  定期購入のもとに出荷
 10g×10  12月上旬から出荷困難。  供給再開は12月下旬予定 
ネリゾナ軟膏0.1%    5g×10  11月下旬から出荷困難。 供給再開は1月下旬予定 
 10g×10  定期購入のもとに出荷
 30g×10  定期購入のもとに出荷
 500g×1  12月中旬から出荷困難。 供給再開は1月下旬予定
ネリゾナユニバー サルクリーム0.1%  5g×10  12月上旬から出荷困難。供給再開は1月中旬予定
 10g×10  11月中旬から出荷困難。 供給再開は12月下旬予定
 30g×10  11月中旬から出荷困難。 供給再開は12月下旬予定
ネリゾナソリュー ション0.1%    10mL×10  1月上旬から出荷困難。 供給再開は2月中旬予定
ネリプロクト軟膏   10g×10  定期購入のもとに出荷
 2g×14  12月上旬から出荷困難。 供給再開は1月中旬予定
 2g×140  12月上旬から出荷困難。 供給再開は1月上旬予定
 2g×350  定期購入のもとに出荷
ネリプロクト坐剤   14個  定期購入のもとに出荷
 140 個  定期購入のもとに出荷
 350 個  12月上旬から困難。供給再開は1月上旬予定

ネリゾナ、ネリプロクト供給遅延に関しましてを参照

基本的には新規での注文は難しいのが現状だと思います。

レオファーマ、LTL ファーマはネリプロクト軟膏の代替品として後発品のネリザ軟膏を提案しています。

ネリプロクト坐剤はネリプロクト坐剤140個包装での代替を検討ほしいと提案しています。

140個はちょっと多いですよね・・・。

ネリプロクト坐剤は後発品がありますのでこの機会変更するのも良いかもしれません。

レオファーマ、LTL ファーマは触れてはいませんが、

  • ネリゾナ軟膏にはテクスメテン軟膏
  • ネリゾナユニバーサルクリームにはテクスメテンユニバーサルクリーム

があります。

ネリゾナクリーム、ネリゾナソリューションは代替品がないので違う薬を考慮したほうが良いと思います。

出荷調整の原因が詳細に

レオ ファーマ、LTL ファーマは出荷調整の原因を2つ挙げています。

ネリゾナ、ネリプロクトを販売していたバイエル薬品はレオ ファーマへ製造販売承認の承継しました。

そして、イタリアの製造工場をレオ ファーマに移管際、現地の規制当局の承認が遅延してしまった原因で全体のスケジュールが遅延してしまいました。

もう一つの原因として、在庫も確保していたようですが、今回のような不測の事態を考慮した在庫確保が不十分であったとも原因の一つとして挙げています。

原因がわかると現場としても医師や患者に説明しやすい

レオ ファーマ、LTL ファーマの出荷調整の原因を詳細に書くことは現場の薬剤師として大変有難いです。

今回のように詳細にわかると医師や患者に説明しやすいです。

他の製薬メーカーの出荷調整の理由は1行のみという事があります。

それでは医師や患者さんに説明しにくいです。

今回のレオ ファーマ、LTL ファーマの出荷調整の原因を詳細に発表したので大変好印象です。

 

続報です。

 

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。