バップフォー細粒2%が自主回収に

バップフォー細粒のパンフレット

バップフォー細粒2%が自主回収に

2019年12月06日 、大鵬薬品工業はバップフォー細粒2%を自主回収すると発表しました。

「バップフォー細粒2%」に、シール不良という製造上の瑕疵が発見されました。 つきましては、安全性確保の観点から、下記製造番号の在庫品を自主的に回収することといたしました。

医療機関への回収のご協力お願い文書 自主回収のお知らせより

回収の理由は?

バップフォー細粒2%の分包品は0.5g×60包、1.0g×60包があります。

今回はこの2つの包装のシール不良製品が、複数発生されたためとしています。

上手く機械での熱圧着がいかなかったのだと思います。

それだとバップフォー細粒はこぼれてしまいますね・・・。

該当ロットは?

0.5g×60包は、8L74A、8L74B、9A83A、9C81A、9C81B。

1.0g×60包は9A83B。

ご確認ください。

大鵬薬品工業は供給の再開は2020 年1月中としています。

代替品は?

大鵬薬品工業はバップフォー錠10、バップフォー錠20を推奨しています。

バップフォー細粒2%の後発品はありません。

バップフォー錠を粉砕してもグラシン紙なら90日間安定ですが、極めて強い苦味を有します。

粉砕する際はご注意ください。

バップフォーってどんな薬?

バップフォーは頻尿・過活動膀胱治療薬です。

神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁に使用されるお薬です。

一般名はプロピベリン塩酸塩です。

膀胱平滑筋直接働き、抗コリン作用とカルシウム拮抗作用により排尿運動抑制作用を示し膀胱平滑筋の異常収縮を抑制し、膀胱容量を増加させます。

名称の由来

Bladder(膀胱)、Urine(尿)、Pollakisuria(頻尿)のそれぞれの頭文字と、治験番号P-4 に由来する。

(なお治験番号P-4 の4 は、4 番目の誘導体として合成されたため。)

バップフォーのインタビューフォームより

続報です。

 

こんな記事も書いてます。

 

良かったらシェアを宜しくお願いします。