インスタ医療団のこれからの活躍を陰ながら応援します。

人と太陽

インスタ医療団をご存知ですか?

インスタ医療団をご存知ですか?

今更なのかもしれませんが、私は今月の初めに知りました。

見てみると小児科の専門医の医師が多く投稿しているみたいですね。

薬剤師の方も投稿しており、わかりやすく説明してます。

患者さんにもよく聞かれる事も書いており、大変有用な情報だと思います。

View this post on Instagram

今回から授乳と薬について何回かに分けて投稿していきます。 まずは薬が母乳へどのように移行するのかについてです。 大まかな流れはこのようになっていて、細かい内容については他の投稿やブログなどで説明していきたいと思っています。 今回この投稿で何を伝えたいかというと、授乳中でも赤ちゃんに影響なく飲める薬は多くあるということです。 もちろん飲まないに越したことはないですが、 お母さんが体調が悪かったり辛い状態で、授乳を続けたいから薬は飲まずに我慢する といったケースも多いので、辛い時は薬に頼ることも出来る、そういった選択肢も取っても大丈夫ということを伝えたいなと思いました。 まずは主治医や信頼できる医師に相談してみて下さい! 他にも情報を発信しています▼▼ @ken_pharmacist #授乳 #授乳の悩み #授乳問題 #母乳 #母乳育児 #母乳育児中 #完全母乳 #完全母乳育児 #授乳と薬 #産婦人科 #小児科 #子育てあるある #育児あるある #育児疲れ #子育て悩み #育児の悩み #赤ちゃん #産後 #子育て #育児 #薬 #薬剤師 #薬局 #調剤薬局 #ドラッグストア #登録販売者 #薬学部 #インスタ医療団 #インスタ医療団_薬剤師 #インスタ薬剤師

A post shared by けん@薬局薬剤師 (@ken_pharmacist) on

情報は溢れかえっている

現在、情報は色々なメディア媒体を介して溢れかえっています。

わからない事はインターネットで調べる時代になりました。

人に聞く前に「ググれ」という俗語ができるくらいインターネットは普及しています。

情報は溢れかえっているので人は自然と自分が心地よい情報を選択する傾向にあります。

そうなると、どうしても偏った考え方になります。

私は調剤薬局で勤務していますが、インターネットに書いてある偏った情報を言ってくる患者さんがいます。

中には週刊誌を持ってきてこの記事はどうなのか?って聞いてくる患者さんもいます。

自分の病気の事を書いてあると気になりますよね。

最近の週刊誌、雑誌は不安を煽るやり方が目に余るようになったと思います。

病気を知ることは大切です。

病気を抱える人は精神的にも不安定になりやすいです。

不安定な状態で出会う情報はどうしても心地よい情報を選んでしまいます。

結果、偏った情報を選択する可能性があります。

医療はエビデンスに基づいた治療をしています

医療の基本は根拠に基づいた医療(EBM)です。

エビデンスの集積で現在の医療が成り立っています。

医師は自分勝手に診断し薬を処方しているわけではないのです。

是非、偏った情報を信じず、専門である医師、薬剤師などの専門家に相談すること強く勧めます。

少しづつ改善していますが、まだまだ・・・

Googleアルゴリズムアップデートにより、偏った情報は順位を下げたり、少しずつ改善していると思います。

しかし、未だインターネットの情報は玉石混交です。

専門家でないと判断は難しいです。

そんな中、このようにインスタ医療団が立ち上がり、有用な情報を提供することは大きな活動だと思います。

コメントを見ると相手から厳しいコメントも散見されましたが、真摯にコメントを返答してある記事もあります。

大変感銘を受けました。

同じ医療者としてこれからも応援したいと思います。

  

 

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。