8月は保険証や受給者証の確認を!

暑い日々が続いています。

8月は・・・

毎年、所得が確定するこの時期に、保険証や受給者証などの更新が行われます。

自己負担割合は毎年8月1日を基準に前年の所得や収入に応じて変わります。

高齢者医療の自己負担割合は、被保険者自身やその世帯の所得などに応じて、後期高齢者(75歳以上)が「3割」または「1割」、前期高齢者(70~74歳)が「3割」または「2割」と、それぞれ異なります。

保険証や受給者番号が同じでも自己負担割合が異なる場合があります。

現在勤めている調剤薬局では8月、9月、10月と保険証確認の強化月間にしています。

間違った場合は返金や徴収しないといけないので大変です。

杏林製薬のMRが来局

ナゾネックス点鼻液のオーソライズド・ジェネリック(AG)であるモメタゾン点鼻液50μg「杏林」56噴霧用・112噴霧用が8月26日に販売開始になると知らせにきました。

その際にデザレックス錠5mgの話を聞いたところまだ市場にでる予定ではないお話でした。

2019 年 1月に、製造販売元であるMSDの原薬保管施設に関わる薬事手続き不備があり全ロット自主回収になりました。

製造販売元はМSD、販売元は杏林製薬、プロモーション提携は科研製薬とかなり力を入れた薬でした。

独占販売をしていた杏林製薬にとってこの回収はかなり痛い出来事でした。

杏林製薬のMRに聞いたところデザレックスが市場にでるのはどうも年末のようです。

お茶を濁していましたが、MSDとの補償の折り合いがまだ済んでないみたいです。

早くきちんと書類を整備して再販売に力を入れたらいいのになと思いますが、色々と大人の事情があるのですね・・・・。

 

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。