禁忌である重篤な心疾患の患者とは?

カプセル

現在私は調剤薬局で管理薬剤師として働いています。

先日、1年前に心房細動の症状が起こった患者さんにトビエースが処方になったので、患者さんに了承を得てから処方元に一応、問い合わせしました。

医師からそのまま出してくださいと回答をもらい患者さんに説明させて頂きました。

重篤な心疾患の患者

[抗コリン作用により、症状を悪化させるおそれがある。] 

トビエース 添付文章より

重篤な心疾患って?

今更ですが、重篤な心疾患って何だろうって事で調べましたがよくわかりませんでした。

調べていたら小野薬品工業株式会社のサイトに少し掲載していました。

禁忌に「重篤な心疾患の患者」とあるが、目安となる基準はあるか?

Answer

明確な基準はなく、医療機関でのご判断になります。

NYHAの心機能分類でおおむね3度以上にあたる患者さんは、一般的に重度の心疾患といわれます。

小野薬品工業株式会社 ステーブラQ&Aより

医療機関のご判断・・・。

それって基準って人によって違うことなのでしょうか・・・。

どういう基準?

もやっとした感じなのでファイザー株式会社製品情報センターに直接電話をしました。

重篤な心疾患の患者の定義ってあるのですか?と聞いたところ医師の判断となりますという回答でした。

あまり私が納得しない返事だったからなのか、製品情報センターの担当の方が狭心症等の虚血性心疾患のある患者は慎重投与になりますと付け加えられました

答えのようで答えではない回答なので、「重篤」ってどのような症状が重篤というのですかと聞いたところ「医薬品等の副作用の重篤度分類基準について」でのグレート3になりますという回答を頂きました。



思っていた以上に重篤な症状で驚きました。

まとめ

添付文章の書式が大きく変わりますが

曖昧な書き方は現場で働いていると困ります。

薬剤師として確認も含めて問い合わせが必要なのかなっと思っています。

 

 

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。