沢井製薬の抗生物質注射製剤が引き続き出荷調整に

抗生物質、沢井のパンフレット

沢井製薬の抗生物質注射製剤が引き続き出荷調整に

2020 年 4 月、沢井製薬は抗生物質注射製剤の新規採用、注文が増加する医療機関に対して辞退を引き続きお願いをすると発表しました。

弊社が販売しております下記対象品目一覧に示す抗生物質注射製剤におきまして、出荷調整にてご迷惑をお掛けしており、大変申し訳ございません。これまで、供給体制の正常化に向けて鋭意努力してまいりましたが、未だ安定供給の目途が立っておりません。引き続き医療機関の皆様、患者様に多大なご迷惑をお掛けすることとなり、改めて深くお詫び申し上げます

抗生物質注射製剤 新規ご採用およびご注文増加辞退継続のお願いより

沢井製薬は安定供給するために努力をしていますが、まだ時間がかかるそうです。

2019年は日医工のセファゾリンナトリウム注射用「日医工」が出荷調整になって医療機関はかなり苦労をしました。

抗生物質注射製剤は術後の感染症にならないために使用されるため、代替品がなく医療機関では頭をかかえたと思います。

出荷調整になっている品目は?

アミカシン硫酸塩注射液 100mg「サワイ」

アミカシン硫酸塩注射液 200mg「サワイ」

クリンダマイシンリン酸エステル注射液 300mg「サワイ」

クリンダマイシンリン酸エステル注射液 600mg「サワイ」

セフタジジム静注用 0.5g「サワイ」

セフタジジム静注用 1g「サワイ」

セフトリアキソン Na 静注用 0.5g「サワイ」

セフトリアキソン Na 静注用 1g「サワイ」

ミノサイクリン塩酸塩点滴静注用 100mg「サワイ」

9品目になります。

沢井製薬は安定供給に力を注いでいます。

沢井製薬は安定供給に力を注いでいます。

工場を増やして安定供給に力を注いでいます。

こちらでも書かせて頂きましたが、品質に関して問題が起こりました。

2020年4月現在この件で裁判中です。

一つ、一つ問題を乗り越え、さらなる発展をしてほしいものです。

 

 

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。