止めるぞ_風しん もし賛同して頂けるなら・・・

風疹は感染力の強い感染症です。

感染すると、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れ、大人は子供と比較して重症化しやすい傾向です。

特に社会的に問題になっているのが妊娠中の女性が風疹に感染してしまうことです。

生まれた乳幼児が先天性風しん症候群になり、眼や耳、心臓に障害が残り大きな問題になっています。

このような事を防ぐためにも社会全体で妊婦が風疹にならないように取り組む必要があります。

男性を含めて予防することが大切です。

気づかないうちに周囲に感染を広げてしまうことがあるため、注意が必要です

ワクチン定期接種状況

生年月日

男性

女性

1962(昭和37)年4月1日以前

接種なし

接種なし

1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日

接種なし

中学生のときに集団接種1回

1979(昭和54)年4月2日~1987(昭和62)年10月1日

中学生で個別接種1回

中学生で個別接種1回

1987(昭和62)年10月2日~1990(平成2)年4月1日

幼児期に個別接種1回

幼児期に個別接種1回

1990(平成2)年4月2日以降

個別接種2回

個別接種2回

令和元年度には、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性にクーポン券を送付されています。

地方自治体によって違う可能性がありますのでご確認ください。

厚生労働省では都道府県名をクリックするとそのエリアでクーポン券を利用して抗体検査・予防接種を受けることができる医療機関が紹介されています。

是非ご活用してください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

薬剤師として出来ること・・・

先程も触れましたが、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性にクーポン券を送付されています。

薬剤師の自分ができる事として、該当する方にはお声をかけさせて頂いております。

病院やクリニックによっても年齢が様々ですし、該当する人は少ないかもしれません・・。

1人より、2人。

多ければ多いほどいいのですが・・・。

薬剤師は公衆衛生の向上や国民の健康な生活を確保することも使命だと思っています。

地道な活動かもしれませんが、積み重ねが大切です。

もし、賛同して頂けるなら、明日から該当する方にお声をかけて頂けると幸いです。

  

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。