ポステリザンF 坐薬が販売中止に

ポステリザンF 坐薬が販売中止に

2020年7月、マルホはポステリザンF 坐薬が販売中止になると発表しました。

永年ご愛顧を賜りました痔疾治療剤「ポステリザン®F坐薬」につきましては、諸般の事情により弊社在庫消尽をもちまして、販売を中止させて頂くこととなりましたので、ご案内申し上げます。

販売中止のご案内より

販売中止になる理由は?

マルホはポステリザンF 坐薬が販売中止になる理由として諸事情としています。

採算が合わないかもしれません。

代替品は?

マルホはポステリザンF 坐薬の代替品に関して触れていません。

同じ坐薬としてはないですが、同じ成分の軟膏で強力ポステリザン軟膏があります。

ポステリザンF 坐薬は1個中大腸菌死菌浮遊液0.245mL、ヒドロコルチゾン3.75mg

強力ポステリザン軟膏は1個中大腸菌死菌浮遊液0.326mL、ヒドロコルチゾン5.0mg

になります。

軟膏で含有量が違いますので処方元の医療機関とご相談ください。

ポステリザンF 坐薬ってどんな薬?

ポステリザンF 坐薬は痔疾治療剤です。

ポステリザンF 坐薬は大腸菌死菌浮遊液とヒドロコルチゾンの配合剤で1996 年 9月から販売されているお薬です。

成分は大腸菌死菌浮遊液、ヒドロコルチゾンになります。

大腸菌死菌浮遊液が白血球遊走能を高める事により局所感染防御作用を示し、肉芽形成促進作用、ヒドロコルチゾンが抗炎症作用により傷を早く治す作用があります。

名称の由来

ラテン語の posteriori(後方の)と sanare(治癒する)を組み合わせたものである。

ポステリザン®F 坐薬のインタビューフォームより

Fはラテン語 fortis、(強いという意味)からきています。

おさらい

今回はポステリザンF 坐薬の販売中止に関して書かせて頂きました。

出荷終了予定時期は2020 年 12 月になっています。

早めの切り替えることをおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。