ベオーバ錠50mgが2019年12月から長期投与解除に

べオーバ長期パンフレット

ベオーバ錠50mgが2019年12月から長期投与解除に

杏林製薬とキッセイ薬品が販売している過活動膀胱治療薬、ベオーバ錠50mgが2019年12月から長期投与解禁になります。

ベオーバ錠50mgは選択的β3アドレナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤です。

膀胱のβ3アドレナリン受容体に選択的に作用し、膀胱を弛緩させ、蓄尿機能を高めます。ベオーバ錠50mgは過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の症状を改善します。

  • 尿意切迫感・・・急に尿がしたくなり、我慢が難しくなる
  • 頻尿・・・日中8回以上排尿する
  • 夜間頻尿・・夜中に排尿のため1回以上トイレに起きる
  • 切迫性尿失禁・・・トイレまで間に合わず尿漏れしてしまう

過活動膀胱は、加齢や脳卒中などの神経疾患などの原因により尿意切迫感や頻尿、夜間頻尿などの症状を示す疾患です。

ベタニスと比較して

選択的β3アドレナリン受容体作動薬であるベタニス錠と比較して併用禁忌の薬がなく、相互作用が少ないことが特徴です。

生殖可能な年齢の患者には投与をできる限り避けるという注意喚起もなく処方しやすい薬です。

名称の由来

Beta 3 agonist for the patient with Overactive bladder

ベオーバ®錠 50mg インタビューフォームより

過活動膀胱の患者の為の選択的β3アドレナリン受容体作動薬

この文字を組み合わせたのですね。

Overactive bladderは過活動膀胱

調剤する機会が多くなってきた

11月中旬からベオーバ錠の処方が多くなっています。

新しく処方された患者さんも特に問題なく服用しています。

劇的には改善はしてはいないですが、夜間頻尿の回数などは改善されている印象です。

  

 

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。