ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」、「PP」「ニットー」200gが出荷調整に

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%PPパンフレット

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」、「PP」「ニットー」200gが出荷調整に

2019 年 11 月、日本臓器製薬、ポーラファルマ、日東メディックはヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」、ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」、ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」の200gが出荷調整になると発表しました。

『ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」』200g 容量製剤につきまして、 容器不具合の製品が混在していることが判明致しました。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」200g 容量製剤 出荷停止に対するお詫びとお知らせより

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%の200gは日本臓器製薬、ポーラファルマ、日東メディックは同じ容器を使用しているので3社同時に出荷調整になりました。

原因は?

容器不具合としています。

日本臓器製薬のお知らせではもっと詳細に書いており、ヘッドの不良品が原因と説明しています。

ヘッドを押してもスプレー部分から適量な泡を排出できないという不具合で、現在、工場にある在庫にも不良品が混在しているため出荷ができない状態になっています。

日本臓器製薬のように詳細に書いてあると医師や患者さんに説明しやすいです。

是非原因を詳細に書いてほしいものです。

代替品は?

代替品として、各メーカー自社の100gを推奨しています。

日本臓器製薬はヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」の100g×10 本

ポーラファルマはヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」の100g×10 本

日東メディックはヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」の100g×10 本

出荷再開時期は?

2020 年春頃としています。

まだまだ先ですね・・・。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%の200gは現場の要望により開発

発売当初、ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%の用量は100gしかありませんでした。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーを全身に使用する場合は 1 回の使用量が約 20g 必要になります。

患者さんや医療現場から1 回吐出量が多い方が使用しやすい、ゴミの量を少なくしたいという声にメーカーは対応し、ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%の200gが開発されました。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%の200gは100gと比較して1 回吐出量が倍になっています。

現在、冬なので乾燥する季節です。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%の需要が多い時期です。

早くヘッドを改良して出荷再開になってほしいものです。

 

こんな記事も書いてます。

良かったらシェアを宜しくお願いします。