ドミン錠0.4が製造販売中止に

山と人

ドミン錠0.4が製造販売中止に

2021年01月、日本ベーリンガーインゲルハイムはドミン錠0.4が製造販売中止になると発表しました。

発売以来「ドミン®︎錠0.4」をご愛顧頂き誠に有難うございました。

この度は大変ご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げますとともに、事情をご賢察の上、ご理解とご容赦賜りますよう何卒お願い申し上げます。

製造・販売中止のお知らせより

製造販売中止になる理由は?

日本ベーリンガーインゲルハイムはドミン錠0.4が製造販売中止になる理由として諸般の事情としています。

代替品は?

日本ベーリンガーインゲルハイムはドミン錠0.4の代替品に関して触れていません。

ジェネリックもありませんので処方元の医療機関にご相談してください。

同じ非麦角系ドパミン作動薬としてビ・シフロール、ミラペックスLA錠、レキップCR錠などがあります。

販売中止予定時期は?

日本ベーリンガーインゲルハイムはドミン錠0.4が販売中止予定時期として2022年3月末頃としています。

ドミン錠0.4ってどんなお薬?

ドミン錠0.4はパーキンソン病治療剤で,非麦角系の選択的ドパミン D2受容体作動薬です。

脳内の線条体シナプス後膜の D2受容体を選択的に刺激することで、手のふるえ、筋肉のこわばりなどのパーキンソン病の症状を改善します。

一般名はタリペキソール塩酸塩です。

名前の由来は?

パーキンソン病にもっとも関連する神経伝達物質ドパミンに由来する。

ドミン®錠 0.4のインタビューフォームより

注意

非麦角系の選択的ドパミン D2受容体作動薬は突発的睡眠により自動車事故を起こした例が報告されています。

患者には突発的睡眠や傾眠等についてよく説明して自動車、機械の操作、高所作業等危険を伴う作業に従事させないよう説明が必要です。

おさらい

今回は日本ベーリンガーインゲルハイムのドミン錠0.4が製造販売中止に関して書かせて頂きました。

販売中止予定時期として2022年3月末頃としています。

代替品として同じ成分のお薬はありませんので早めに処方元の医療機関にご相談してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  

  

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。