サムスカ錠7.5mg、サムスカ錠15mg、サムスカ30mgが販売中止に

サムスカ錠7.5mg、サムスカ錠15mg、サムスカ30mgのパンフレット

サムスカ錠7.5mg、サムスカ錠15mg、サムスカ30mgが販売中止に

2020年3月、大塚製薬はサムスカ錠7.5mg、サムスカ錠15mg、サムスカ30mgが販売中止になると発表しました。

永年に亘りご愛顧いただいておりました V2-受容体拮抗剤「サムスカ錠 7.5mg、同錠 15mg、同錠 30mg」は、誠に勝手ではございますが、販売を中止させて頂くこととなりましたので、謹んでご案内申し上げます。

サムスカ錠7.5mg、サムスカ錠15mg、サムスカ30mg販売中止のご案内より

販売中止になる理由は?

大塚製薬は販売中止になる理由に関して触れていません。

ただ、2019年11月27日からサムスカ OD 錠 7.5mg、サムスカOD 錠15mg、サムスカOD 錠 30mgが販売されています。

大塚製薬はプレタールと同様にOD錠のみ製造する形にしたいのだと思います。

在庫管理としては錠剤とOD錠を両方持たなくて良いので有り難いです。

代替品は?

代替品はサムスカ OD 錠 7.5mg、サムスカOD 錠15mg、サムスカOD 錠 30mgが販売されていますので処方元の医療機関と相談しならが切り替えてください。

サムスカってどんな薬?

サムスカはV2-受容体拮抗剤です。

サムスカは他の利尿剤で治療しても体のむくみに対する効果が不十分な場合に、他の利尿剤に併用して使用されるお薬です。

心不全における体液貯留に対して使用される利尿薬は電解質が排出されるため、低ナトリウム血症、低カリウム血症などの血清電解質低下や、降圧作用によるめまい、ふらつきが多く発現されました。

サムスカは電解質排泄の増加を伴わず過剰な水のみを排泄する利尿薬として開発されたお薬です。

トルバプタンは、バソプレシン V2-受容体拮抗により腎集合管でのバソプレシンによる水再吸収を阻害することにより、電解質排泄の増加を伴わない利尿作用により体の浮腫などを改善します。

一般名はトルバプタンです。

使用上の注意

サムスカは入院下で投与を開始又は再開するお薬です。

サムスカを服用により脱水症状や高ナトリウム血症を来し、意識障害に至った症例が報告があります。

急激な血清ナトリウム濃度の上昇による橋中心髄鞘崩壊症を来すおそれがある為、サムスカは入院下で投与を開始又は再開するお薬になっています。

サムスカは単独では・・・

サムスカは他の利尿薬と併用して使用されるお薬です。

サムスカはナトリウムの排泄する働きはありません。

心不全における体液貯留の治療においては、ナトリウム及び水分を排泄する必要だと考えられています。

そのため、サムスカはナトリウム排泄を増加させる他の利尿薬と併用するようご注意ください。

まとめ

今回はサムスカ錠7.5mg、サムスカ錠15mg、サムスカ30mgが販売を中止に関して書かせて頂きました。

代替品として、サムスカ OD 錠 7.5mg、サムスカOD 錠15mg、サムスカOD 錠 30mgがあります。切り替えの際は処方元の医療機関とご相談してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。