リボフラビン酪酸エステル錠20mg 「杏林」が出荷調整に

リボフラビン酪酸エステル錠20mg 「杏林」のパンフ

リボフラビン酪酸エステル錠20mg 「杏林」が出荷調整に

2020年6月、杏林、キョーリンリメディオはリボフラビン酪酸エステル錠20mg 「杏林」が出荷調整になると発表しました。

すべてのご用命に十分お応えできない状況が予想されますことから、特約店・販売会社様への出荷を調整させていただきます。

製品供給についてのご協力のお願いより

出荷調整になる理由は?

杏林、キョーリンリメディオはリボフラビン酪酸エステル錠20mg 「杏林」が出荷調整になる理由として、他社FAD製剤の供給停止の影響としています。

こちらでも書かせて頂きましたが、フラビタン錠、FAD錠「ツルハラ」、FAD 腸溶錠「わかもと」は出荷調整になっています。

そして、ハイボン錠、ハイボン細粒も出荷調整になっています。

次々と連鎖的に出荷調整になっています。

代替品は難しいと思います。

おさらい

今回はリボフラビン酪酸エステル錠20mg 「杏林」の出荷調整について書かせて頂きました。

同成分の製品の採用は難しいと思います。

在庫がなくなる前に処方元の医療機関にご相談してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。