リノコートパウダースプレー鼻用25μgが販売中止に

薬

リノコートパウダースプレー鼻用25μgが販売中止に

2021年10月、帝人ファーマはリノコートパウダースプレー鼻用25μgを販売中止にすると発表しました。

このたび、永年に亘りご愛顧賜って参りました「リノコートRパウダースプレー鼻用25μg」につきまして、諸般の事情により販売を中止させていただくことになりました。発売以来のご愛顧に感謝申し上げますとともに、何卒ご高承を賜りますようお願い申し上げます。

リノコートパウダースプレー鼻用25μg 販売中止のご案内 より

販売中止になる理由は?

帝人ファーマはリノコートパウダースプレー鼻用25μgが販売中止になる理由として 諸般の事情としています。

採算がとれないんではないかと思います。

出荷終了予定時期は?

帝人ファーマはリノコートパウダースプレー鼻用25μgの出荷終了予定時期として2021年12月頃としています。

在庫状況により出荷終了予定時期が早くなる可能性がありますのでご注意ください。

経過措置期間満了日は?

帝人ファーマはリノコートパウダースプレー鼻用25μgの経過措置期間満了日 として2022年 3月31日の予定としたいます。

代替品は?

帝人ファーマはリノコートパウダースプレー鼻用25μgの代替品として

  • ベクロメタゾン鼻用パウダー 25μg「トーワ」
  • ベクロメタゾン点鼻液 50μg「CEO」
  • ベクロメタゾン点鼻液 50μg「DSP」
  • ベクロメタゾン点鼻液 50.μg「サワイ」

を推奨しています。

同じパウダースプレーならベクロメタゾン鼻用パウダー 25μg「トーワ」一択だと思います。

もしかしたら出荷調整になる可能性がありますのでご確認ください。

リノコートパウダースプレー鼻用25μgってどんな薬?

リノコートパウダースプレー鼻用25μgは粘膜付着型鼻過敏症治療剤で、ドライパウダー状の鼻噴霧用ステロイド剤として国内で初めて承認を受けたお薬です。

開発当時の鼻用治療剤はフロンガスを使用した加圧式定量噴霧吸入器が主流で鼻腔粘膜への刺激性が危惧されていました。

そこで帝人はヒドロキシプロピルセルロースを着目して基剤として採用し、鼻粘膜への刺激性を軽減するだけでなく、主薬を長時間に浸透させることを可能にしました。

流石、だけじゃない帝人ですね。

リノコートパウダースプレー鼻用25μgはアレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎の治療に使用されるお薬です。

抗炎症作用や誘発反応防御作用により炎症を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを改善します。

名称の由来

鼻を意味するRhino-とコルチゾンCortisoneを組み合わせた。

リノコート®カプセル鼻用50µg、リノコート®パウダースプレー鼻用25µgインタビューフォームより

おさらい

今回はリノコートパウダースプレー鼻用25μgの販売中止に関して書かせて頂きました。

帝人ファーマはリノコートパウダースプレー鼻用25μgの出荷終了予定時期として2021年12月頃としていますが、早めの切り替えをおすすめします。

処方元の医療機関にご相談してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  

  

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。