リトドリン点滴静注 50mg「PP」、 リトドリン錠 5mg「PP」が販売中止に

リトドリン点滴静注 50mg「PP」 リトドリン錠 5mg「PP」のパンフレット

リトドリン点滴静注 50mg「PP」、 リトドリン錠 5mg「PP」が販売中止に

2020年7月、サンファーマはリトドリン点滴静注 50mg「PP」、 リトドリン錠 5mg「PP」を販売中止にすると発表しました。

在庫消尽をもって販売を中止させていただくこととなりましたので、謹んでご案内申し上げます。

『リトドリン点滴静注 50mg「PP」/ リトドリン錠 5mg「PP」』販売中止のお知らせより

販売中止になる理由は?

サンファーマはリトドリン点滴静注 50mg「PP」、 リトドリン錠 5mg「PP」を販売中止にする理由として諸事情としています。

産科で使用されるお薬なので需要も少なく採算が合わないのかもしれません。

代替品は?

サンファーマは代替品として

リトドリン点滴静注 50mg「PP」はリトドリン塩酸塩点滴静注液 50mg「あすか」、リトドリン塩酸塩点滴静注液 50mg「F」を推奨しています。

他にもリトドリン塩酸塩点滴静注液50mg「日医工」、リトドリン塩酸塩点滴静注液50mg「オーハラ」、先発品のウテメリン注50mgがあります。

リトドリン錠 5mg「PP」の代替品としてリトドリン塩酸塩錠 5mg「あすか」、リトドリン塩酸塩錠 5mg「F」を推奨しています。

他にもありますが婦人科系が強いメーカーである、あすか製薬、富士製薬工業なら問題ないと思います。

リトドリン錠 5mg「PP」の先発品であるウテメリン錠5mgってどんな薬?

ウテメリン錠5mgは切迫流・早産治療剤です。

ウテメリン錠5mg切迫流・早産に使用されるお薬です。

アドレナリンβ受容体刺激作用によりCaイオン取り込み促進作用し、子宮の運動抑制や子宮の異常収縮を抑え、下腹部の張った感じや痛みを改善します。

一般名はリトドリン塩酸塩です。

名称の由来

英語の uterus(子宮)と merit(有益な作用)を合わせたもので切迫流・早産による子宮収縮を抑制することを意味している

ウテメリン錠5mg、ウテメリン注 50mgのインタビューフォームより

おさらい

今回はリトドリン点滴静注 50mg「PP」、 リトドリン錠 5mg「PP」の販売中止に関して書かせて頂きました。

サンファーマはリトドリン点滴静注 50mg「PP」の代替品としてリトドリン塩酸塩点滴静注液 50mg「あすか」、リトドリン塩酸塩点滴静注液 50mg「F」を推奨しています。

リトドリン錠 5mg「PP」の代替品としてリトドリン塩酸塩錠 5mg「あすか」、リトドリン塩酸塩錠 5mg「F」を推奨しています。

サンファーマは在庫消尽時期としてリトドリン点滴静注 50mg「PP」は2020 年 12 月、

リトドリン錠 5mg「PP」の100 錠は2020 年 9 月、

500錠は2020 年 8 月としています。

予定よりも早めに無くなる可能性がありますので早めの切り替えをおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  

  

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。