ベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%が販売中止に

フラスコの画像

ベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%が販売中止に

2023年3月、ノバルティスファーマはベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティッ クエス懸濁性点眼液 0.5%が販売中止になると発表しました。

このたび弊社で製造販売をしております「ベトプティック点眼液 0.5%」および「ベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%」につきまして、諸般の事情により販売を中止させていただくことになり ました。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、事情をご賢察の上、ご了承頂きます様、よろしくお願 い申し上げます。

ベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%の販売中止品のご案内より

販売中止の理由は?

ノバルティスファーマはベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%が販売中止になる理由として諸般の事情の為としています。

採算が合わないのだと思います。

代替品は?

ノバルティスファーマはベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%の代替品として触れていません。

ただ、同成分のジェネリックとしてベタキソロール点眼液 0.5%「SW」があります。

懸濁性点眼液はないのでご注意ください。

注文が集中して出荷調整になる可能性がありますのでご確認ください。

出荷終了予定時期は?

ノバルティスファーマはベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティッ クエス懸濁性点眼液 0.5%を出荷終了予定時期として2022 年 7 月末をもって終了としています。

在庫状況により出荷終了予定時期が早くなる可能性がありますのでご注意ください。

ベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%ってどんな薬?

ベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%は緑内障・高眼圧症治療剤です。

一般名はベタキソロール塩酸塩です。

 緑内障、高眼圧症の治療に使用されるお薬です。

 β1受容体遮断作用により房水産生を抑制し眼圧を下降させます。

 ベタキソロール塩酸塩はβ2受容体よりβ1受容体に対する親和性が高いことが認められ、呼吸器、心血管系などに対する影響が従来の非選択性 β 遮断剤点眼液に比べて少ないことが特徴です。

おさらい

今回はベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%の販売中止に関して書かせて頂きました。

ノバルティスファーマはベトプティック点眼液 0.5%およびベトプティックエス懸濁性点眼液 0.5%の代替品として触れていません。

ただ、同成分のジェネリックとしてベタキソロール点眼液 0.5%「SW」があります。

懸濁性点眼液はないのでご注意ください。

早めに切り替えることをおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  

  

このような記事も書いています。