シラザプリル錠0.25mg「サワイ」 、シラザプリル錠0.5mg 「サワイ」、シラザプリル錠1mg「サワイ」 が販売中止に

シラザプリル錠0.25mg「サワイ」 、シラザプリル錠0.5mg 「サワイ」のパンフレット

シラザプリル錠0.25mg「サワイ」 、シラザプリル錠0.5mg 「サワイ」、シラザプリル錠1mg「サワイ」 が販売中止に

2020年4月、沢井製薬はシラザプリル錠0.25mg「サワイ」 、シラザプリル錠0.5mg 「サワイ」、シラザプリル錠1mg「サワイ」 が販売中止になると発表しました。

弊社が製造販売しております持続性アンジオテンシン変換酵素阻害剤『シラザプリル錠0.25mg/ 0.5mg /1mg「サワイ」』につきまして、諸般の事情により在庫消尽をもって、販売中止させて頂く事となりましたので、謹んでご案内申し上げます。

シラザプリル錠0.25mg / 0.5mg / 1mg「サワイ」 販売中止のご案内より

販売中止になる理由は?

販売中止になる理由として沢井製薬は諸般の事情としています。

採算が合わないのだと思います。

代替品は?

沢井製薬は代替品として他の持続性アンジオテンシン変換酵素阻害剤への切り替えるよう推奨しています。

ただ、同じジェネリックとしてシラザプリル錠0.25mg「トーワ」 、シラザプリル錠0.5mg 「トーワ」、シラザプリル錠1mg「トーワ」があります。

先発品のインヒベース錠0.25、インヒベース錠0.5、インヒベース錠1もあります。

ご検討ください。

シラザプリルの先発品であるインヒベースってどんな薬?

インヒベースは持続性ACE阻害剤です。

高血圧に使用されるお薬です。

血中や血管壁に存在するアンジオテンシン変換酵素の活性を阻害し、昇圧物質であるアンジオテンシンⅡの生成を抑制することにより血圧を下げます。

アンジオテンシンⅡの生成抑制により、血管拡張のほかノルアドレナリン遊離抑制して血管収縮作用減弱、アルドステロン分泌抑制につながります。

一般名はシラザプリル水和物です。

名称の由来

Inhibitor of ACE ⇒ INHIBACE

インヒベース®錠 0.25インヒベース®錠 0.5インヒベース®錠 1のインタビューフォームより

おさらい

今回はシラザプリル錠0.25mg「サワイ」 、シラザプリル錠0.5mg 「サワイ」、シラザプリル錠1mg「サワイ」 が販売中止に関して書かせて頂きました。

経過措置期間満了時期として2022年3月になっていますが、在庫が早めに無くなる可能性があります。

変更の程宜しくお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。