クロモグリク酸Na点眼液2%「杏林」、クロモグリク酸Na点鼻液2%「杏林」が出荷調整に

薬3

クロモグリク酸Na点眼液2%「杏林」、クロモグリク酸Na点鼻液2%「杏林」が出荷調整に

2021年1月、杏林製薬、キョーリン リメディオはクロモグリク酸Na点眼液2%「杏林」、クロモグリク酸Na点鼻液2%「杏林」が出荷調整になると発表しました。

安定した供給に支障が生じる可能性がございます。

そのため、誠に勝手ではございますが、既存の医療機関様への既存納入数量の安定供給を優先するため、新規採用、既存の医療機関様の増量をご辞退させて頂きたく存じます。

製品供給についてのご協力のお願いより

出荷調整になる理由は?

杏林製薬、キョーリン リメディオはクロモグリク酸Na点眼液2%「杏林」、クロモグリク酸Na点鼻液2%「杏林」が出荷調整になる理由として、他社製剤の販売中止の影響としています。

こちらでも書かせていただきましたが、先発品のインタール点眼液2%、インタール点鼻液2%が販売中止になっておりその煽りを受けた形です。

代替品は?

杏林製薬、キョーリン リメディオはクロモグリク酸Na点眼液2%「杏林」、クロモグリク酸Na点鼻液2%「杏林」の代替品に関して触れていません。

ただ、他のメーカーのジェネリックがあります。

もしかしたら、他のメーカーにも波及する可能性がありますので採用する際はご確認ください。

おさらい

今回はクロモグリク酸Na点眼液2%「杏林」、クロモグリク酸Na点鼻液2%「杏林」の出荷調整に関して書かせて頂きました。

先発品のインタール点眼液2%、インタール点鼻液2%が販売中止になっておりその煽りを受けた形です。

代替品に関して触れていませんが、他のメーカーのジェネリックがあります。

ただ、採用する際はご確認ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  

  

このような記事も書いています。

良かったらシェアを宜しくお願いします。